ガーリック&オニオン

きっと何者にもなれないオタクもどきの脳内とか

今日の自己啓発セミナー

アムウェイマンの家に呼ばれて雨の中原付30分走らせて魚食って映像見せられてきた

1本目は50歳で宮古島トライアスロン制覇してるなんとかさんの映像
これはアムウェイで成功した人の終着点みたいな感じの映像らしく、そのスポーツしてる様子とか雪山上って新雪でスノボしてたり海づりでマグロ釣ってたり
ちょくちょくアムウェイ特製エナドリがCMみたいに映り込んでて面白かった

2本目が池田貴将って行動心理学者?の公演の映像
ざっくり覚えてる範囲だと、ハードルを下げてまず成功体験を得ることみたいな話だった

行動起こすときにやる気を出すためのものとして、まぁやる気を出させるってのがもうすでに違うらしいんだけど
やる気出せ!やるぞ!って奮い立たせる行動自体がすでに反作用でブレーキかかっちゃうから、何もしてなくても無意識にやる気が出るようにするにはどうするかみたいな
やるぞ!って鼓舞するというよりやる気はある?って自分に問いかけることによって、何かしようとしてるのであれば少なくともやる気は多少なりともあるわけで、まぁやる気はあるよ、YESだよって答える
するとそれがもう自己肯定につながるわけだと

でその後の行動としてまず低すぎるハードル、どうやっても失敗しなさそうな簡単な課題を設定してみる
例えば池田の場合だとジム通いしようって思った時にまずは玄関の自動ドアをくぐるところを目標にする
とりあえずくぐってそこでいやいや待て待てってなったらその日はやめる、自動ドア出た後もそうなんなかったらそのままジムまで行くみたいな
まず低すぎるハードルを越えて、それ+αで何をするかということらしい

ヨガやるぞって人ならまず3分やる、3分で意味あるのってなるけどそれはやってない人からしたら意味のない質問、そのステージにすら立ってないんだからって話
3分なら時間なくてって言い訳も使えないくらいの時間だしそれくらいならできるだろうって
その人の場合だと3分やったらいけそうだから5分やった、その後会社とかでも時間見つけてスクワットしてみたとか3分やったのにプラスして動けるようになったんだとか
そういう成功体験とか前向きなことの積み重ねでゴールに近づけるんだと

あとはミツバチの法則ってのがあって
ミツバチは花にとまってミツ集めて巣に持ち帰るっていう行動があって、その行動の副産物として花粉運んで果実なりができたり、それで植物繁殖したり人なり動物なりが食べて栄養になったり
要はミツバチにとっては自分の1つの行動でほかの者にも影響与えて結果いろんなところで成功が生まれてるって、バタフライエフェクトみたいな話だね
だから自分が動いてるのに関してもつまらなさそうな眉間にしわよってるような顔してるとまわりもそうなるし、楽しそうにしてると周りも自然とそうなって回ってくらしい
理想論並べるな~ってひねくれてる俺は思ってた

映像の合間の集会の様子流れたんだけど、アムウェイ初めて見たって人の感想で
今日はこの人たちがランク上がりましたワイワイってやってるの見て怪しい団体みたいだなって言ってたのが面白かった
まぁ俺もマイク渡されたときにみんな最初にありがとうございます、○○ですっていってたのがマジで宗教みたいだなって思って見てた